【保存版】ボロンの成分・効果・飲み方まとめ

多くのバストアップサプリでは「プエラリア」が使われている事が多いです。

しかしながら、最近ではプエラリアを摂取する事への不安や、実際にプエラリアを使った人が副作用のようなものを訴えたりすることがあり、

できるだけプエラリアが含まれていないサプリを使いたい!

という人も多くなってきているようです。

 

そんな中、最近バストアップ用のサプリでよく使われているのが、

『ボロン』

という成分です。

わたしも最近調べ始めましたし、あくまで専門家ではありませんのでそこまで詳しくはないですが、

わたしなりに分かった事をまとめておきます♪

興味があれば是非、読んでくださいね。

 

ピンク

 

バストアップに効果的と言われている成分「ボロン」

ボロンとは?

 

あまり聞きなれない成分「ボロン」。

ボロンとは一体、どのようなものなのでしょう?

 

実は、ボロンとはミネラルの一種で、「ホウ素」とも呼ばれている成分。

人工的な成分ではなく、植物由来の成分なので、体に優しいイメージですね。

どういった食品にボロンが含まれているのかなどは、あとで説明します(*´ω`*)

 

ボロンと女性ホルモンの関係

さて。

そんな植物由来成分のボロンが、なぜバストアップに良いと言われているのでしょう?

 

実は、ボロンには、摂取するとエストロゲンの分泌が促される作用があるんだそう(゚д゚)!

エストロゲンとはいわゆる女性ホルモンの事で、このエストロゲンが増える事によって、バストの乳腺が刺激されるんです。

 

乳腺が刺激されると、乳腺の周りに脂肪がつきやすくなります。

つまりは、胸にお肉がつきやすくなるってことですね( ´∀`)b

 

ご存知かもしれませんが、バストの9割が脂肪(お肉)、そして残りの1割が乳腺です。

この乳腺というものはバストの大きさにとっても関係していて、

乳腺が発達していればしているほど、胸が大きくなりやすい・・・と言われています。

 

バストを大きくする乳腺を発達させるには、どうしたら良い?

バストアップに欠かせない乳腺。

乳腺が発達しているほど胸が大きくなるんだったら、できるだけ乳腺を発達させたいですよね?

 

そんな乳腺の発達に欠かせないのが、先ほどからお伝えしている女性ホルモン

 

そういえば、「乳腺の発達」なんて小難しいことを知らなくても、わたしたち女性は、

どうやら、バストアップに女性ホルモンが関係しているらしい!

と何故かどこからか知っていて、必死に女性ホルモンを増やそうと頑張っていますよね(笑)

 

女性ホルモンが増えそうな食材、と聞いて真っ先にわたしが思い浮かべるのが、

豆乳・納豆などの豆製品です。

こちらの豆製品にはイソフラボンという成分が含まれていて、そのイソフラボンを摂取すると、

体の中で女性ホルモンのような作用をしてくれます

 

とにかく乳腺を発達するための鍵は、女性ホルモンが握っているわけですね。

 

 

ボロンが多く含まれている食材は?

さて。

そんな女性の味方成分「ボロン」。

植物由来と言いましたが、一体どんな食べ物に多く含まれているでしょう?

 

ボロンといえば、キャベツ

 

キャベツ

意外に多く含まれているのが、なんとキャベツ!(笑)

女性ホルモンと乳製品はなんとなくイメージが湧きますが・・・

女性ホルモンとキャベツは、なんかどうしても結びつきにくいですよね(笑)

 

でも実際に、昔何かの雑誌で、グラビアアイドルか何かが

「わたし、胸を大きくするために、キャベツばっかり食べてたんですぅ〜!」

って言ってたのを、わたしは覚えていました!(笑)

 

(何故、キャベツ・・・?)

と思ったことまで覚えていますが、あのアイドルさんはすでにボロンの存在を知っていたのでしょうかΣ( ̄ロ ̄;)

だとしたら、すごい!(笑)

 

ただ、キャベツでまともにバストアップに励もうと思ったら・・・

なんと、1日に1玉食べないといけないそう。

うん、難しい。(笑)

しかも、ボロンは熱にとっても弱いみたいなので、生でバリバリ食べることになりそうです。

無理ない程度に、付け合せでキャベツが出てきたら、かじりまくりましょう!∠( ゚д゚)/(笑)

 

ナッツ類にも、ボロン

 

ナッツ

 

その他にボロンを含んでいる食べ物は、ナッツ類

ナッツといえば、ビタミンEなんかも多く含まれていて、最近ではあちこちで人気がありますよね( ´∀`)b

 

キャベツを生で1玉ボリボリかじり倒すよりは、ナッツを食べるほうが現実的かもしれません(笑)

ただ、最近では美味しく食べられるように、いろんな味がついていたり、塩分が多く含まれている製品も多いのが事実。

 

確かにとっても美味しいのですが、健康のために食べるのが目的なら、できるだけ無塩のナッツを選ぶようにしましょうね。

あと、結構カロリーも高かったりするので、だいたい1日18〜20粒くらいを目標に食べると良いかと思われます(*´ω`*)

 

リンゴにも、ボロンが!

 

りんご

 

他に紹介するのは、みなさんお馴染みの果物、リンゴ。

そう、なんとリンゴを1個食べると、だいたい1mgのボロンが摂取できる計算になるそう(゚д゚)!

 

でも、先ほどのナッツ同様、果物も糖分が結構多いので、食べ過ぎには注意ですよ。

 

 

まとめ

 

・ボロンは植物由来の「ホウ素」とも呼ばれる成分だった

・ボロンを摂取すると、女性ホルモンの分泌が活性化され、結果、乳腺が発達してバストアップにつながる

・意外に身近にある食べ物にも、ボロンが含まれている

 

私しおりが思ったことは、身近な食材にもボロンは確かに含まれてはいますが、

キャベツを生で1日1玉かじり続けろ!とか、結構難しいなぁと正直思いました。(笑)

わたしはできるだけ、ボロンを含むサプリから摂取するかもです(*´ω`*)

 

以上、しおりのざっくりまとめでした。

何かの参考になれば。

読んでくださりありがとうございました。

 

 

コメントを残す